トータルビューティーサロン Kenu&Keru(ケヌアンドケル) って安全?



トータルビューティーサロン
Kenu&Keru【ケヌアンドケル】って安全?

という質問がきました。



Kenu&Keru【ケヌアンドケル】

大阪を中心に、脱毛やフェイシャル・ボディをしている

脱毛エステですね。


使用している脱毛機は、スムースキンコントロール(S.S.C)方式の脱毛機で

大手ですとミュゼプラチナムが使用している脱毛器になります。


 光(フラッシュ)脱毛になります。




Kenu&Keru【ケヌアンドケル】にかぎらず、

光(フラッシュ)脱毛や医療レーザー脱毛・針(ニードル)などの全ての

脱毛サロン・脱毛クリニックに言える事なのですが、



脱毛には、わずかながらリスクが伴います。




なぜ脱毛にリスクがともなうのか?



針(ニードル)脱毛の場合・・・

本当に針をさして脱毛しますので、脱毛する人の技術にかなり左右される技術になります。

本当は1mm~2mm刺すのが間違って1cm刺すと、怪我になりますし


光(フラッシュ)脱毛や医療レーザー脱毛の場合・・・

基本的に脱毛機の調整を間違えなければ、火傷につながることが無いのですが、

年に数件、脱毛サロンで脱毛して火傷被害に有った人がいます。



国民生活センターの美容医療サービス被害相談
2007年 ⇒ 235
2008年 ⇒ 240
2009年 ⇒ 288
2010年 ⇒ 296
2011年 ⇒ 331

※美容医療サービスとは、医療機関による脱毛、脂肪吸引、シミ取り、二重まぶた手術、包茎手術などの「美容を目的とした医療サービス」を指します。




脱毛以外のサービスも含まれていますので、脱毛うさぎ的には数字の1割ぐらい


だと思っています。



ですから、脱毛している人数からしたら、ごくわずかな数字ですが、


それでも、被害には合いたくないわけですが、




どういう所が今まで、被害を出してきたかと言うと

 脱毛機を使って火傷をする事をしらなかった

 十分に脱毛機の使い方の説明をしていなかった

 肌の状態の見極めが甘かった


という所になります。



脱毛サロンと医療レーザー脱毛はどちらが安全?



 脱毛サロンの定義は・・・

医師免許を持たず脱毛しているサロンで、脱毛機を購入すれば、

すぐに店舗をオープンできます。

 医療レーザー脱毛の定義は・・・

医師免許が必要な脱毛機を取り扱っており、

脱毛サロンの脱毛機よりも、出力や効果が高い



どちらかというと、脱毛サロンの方が被害が伝わりやすいです。


 店舗数が脱毛サロンの方が多いので、その分被害件数が多くなりますし

 脱毛サロンの場合被害にあって警察に行くと、その店舗の経営者は逮捕されます。

(この記事を書いている時の法律では、毛根を破壊する行為は医療行為とみなされ
医師免許が必要になります。ですから、火傷をしてしまうぐらい出力を上げて脱毛
していると、医療行為とみなされ、医師法違反となります。)



一方、医療レーザー脱毛のほうなのですが、

 店舗数が少ないので脱毛サロンよりも被害件数が少ないです。

 看護師免許を持っている人が脱毛するので、肌の見極め能力が高い

 医師免許がありますので、脱毛行為をしてもOK

 万が一、火傷したとしても、医療ミスとなってしまう。



ですから、光(フラッシュ)脱毛の場合、逮捕としてニュースに出ますので

非常に情報が伝わりやすいですし、医療レーザー脱毛の場合ですと

医療知識のある方が脱毛をしますので、肌の見極め能力が高いです。



(一般的な大手脱毛サロンの場合、2週間の研修をへて見習いとなりますので
研修中にある程度の知識は教えてもらえますが、看護師免許ほどは無いです)



kenu&keru(ケヌアンドケル)はどうなの?



かなり、前置きが長くなりましたが・・・


kenu&keru(ケヌアンドケル)は光(フラッシュ)脱毛ですので


 医師免許を持たない人が脱毛をします。

 今まで大きなトラブルを起こしたことが無いです。
(有ったら経営していませんので)

 肌の見極め能力
こちらは、実際に通ってみて見るしかないです。


また、店舗側でも肌へのトラブルが無いように最初は低出力で脱毛をします。

当然低出力の為脱毛の効果が低くなりますが、

安全に脱毛を選択した方が良いです。



脱毛サロンで安全に脱毛するには



もちろん、店舗側の注意も必要ですが、脱毛を受ける側にも

きちんと知識が有った方が良いです。


 脱毛中は日焼けをしない

 脱毛予約日前に毛を剃っておく

 予防接種は脱毛の10日前後しない

 肌に不安がある場合は必ず相談

 生理の時は脱毛をしない


などなど、知識をもてば、脱毛のリスクをこちら側で、かなり減らすことが出来ます。



肝心なkenu&keru(ケヌアンドケル)の情報なのですが、

色々信頼できる所で調べてみているのですが、あまり情報が少なすぎて

お伝えするレベルではないです。



大変申し訳ございません


質問やコメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。